ミニマリストと呼ばれる日を夢見て

まずは断捨離と整理整頓から

【BE ミニマリスト】体力と体つくり①

山登りの「登り」が 苦手なマリンです。

 
最初に山を登った時から気がついていたの。
登りが苦手で、下りが得意。
「どちらかといえば」だけど、そうでなくとも登りが苦手。
そういえば、階段も同じく。登りより下りが得意。
 f:id:yoi158116:20150713230734j:image
よく、目標や人生を一つの「やま」って表現するじゃない?
そう考えると、登りが苦手という事実は受け入れたくない(笑)
 
でも、人って慣れるものなの。前進するの。
苦手でも、コツ?を少しずつでも掴むの。
そして体力も筋力も付いてくる。
 f:id:yoi158116:20150713230806j:image
 
 先日の山登りでは、少しブランクがあったからか(?)、
太陽がカンカンと照らす中をひたすら登り続ける間
この『前進』した効果が全く出ない。無いのか?
 
ようやく日陰に着いたところは、登山者みなの休憩場所となっていた。
 
別のグループのリーダーが、日陰のところで
疲れない呼吸法、歩き方とかを説いてました。 そして、カラダ。
 「本当の登山者は、無駄なところに肉をつけてない。
 それは登るための荷物でしか無いからだ!」
この時は、息切れしながら(笑)「そうだよなぁ」と聞いてました。
 
この人はマリンに聞こえるようにこの台詞をワザと言ったよう。←後なって気付く(笑)
 後に、下りですれ違った時に挨拶したら(山ではみんな挨拶し合う)、
「登りは死にそうだったのに、下りは随分と涼し気な顔して」という内容をもう少しイヤミに言われちゃいました。。。
マリン: (°_°)→T_T    こんな感じ(笑)
帰りの駅でも睨まれちゃった(´・_・`) 
 
先日の山登りの苦い想い出。早く忘れたい。
 f:id:yoi158116:20150713230856j:image
 
 
想い出は、まぁ、置いておいて。
 マリンに対するイヤミだけで言ったわけじゃないだろうし、
(そうだったとしても)嘘は言っていない。
 
山を歩きながら(まだイヤミと知らず)、
そういえば、最後にジムに行ったのはいつかな〜 とか考えてた。
 
先月は、もう少し大きい山にチャレンジする予定で、体力作りに励んでいたの。
ジムで登りをメインのウォーキングしたり、バイク漕いだり。階段登ったり。
 今月は行ってない(^^;;
 
ミニマリスト」っていうけど、持ち物だけじゃなく、
自分自身にも必要だよなぁと改めて思う。。。
体力作りと、必要な筋肉をつけムダな贅肉を落としたからだ。
 
 
例えば、山登りに必要な体力は:
マリンはテントを背負って…という山登りはしないので(↓)
体重の10%~10㎏程度の荷物を背負って、無積雪期の整備された登山道を日帰りや小屋泊まり、1時間で標高差400m程度(分速7m程度)の速さ、これを「ややきつい位で軽く息がはずんでも会話ができる」状態で歩き続けることができる。登山を6時間するということは時速7㎞程度で行うジョギングを6時間するのと同様な負担がかかるといわれています。
 

え?時速7キロのジョギング?…む、むり〜〜〜
 
そのためにマラソンをする方も居るみたいだけど。。。

ブログデビュー - 弱足☆ランニング 

走る事を楽しめる方は羨ましいが、マリンはまだ歩く派。

 

先日、ある登山者のブログで(見つからないので、見つけたらURL付けます)

「階段を登るだけ」という方がいらっしゃいました。

かなりの山(北岳とか)へ行っているのですが、その方のトレーニングは
「エレベーター/エスカレーターを使わず、階段!」です。
 
そのブログを読んだ後、家(マンション)の階段を登ってみましたが、クリア。
まずは明日から、出来るだけ階段を登ります。
広告を非表示にする